ご意見・アドバイス、ご質問をお願いします!

お願い

 

植物は類似した種が多く、自然交配した雑種も多く見られます。

そのため同定が困難な場合があります。 

「歩いてみれば好日」や、「植物2015」などで紹介している草花にも間違いがあるかもしれません。

 

種名の誤り、あるいは未同定の植物の名前がおわかりの方は下のコメント欄から是非ご連絡下さい。 

 

お名前はペンネームでも結構です。 よろしくお願いします。

 

その他、当ホームページへのご感想やご意見、質問などもお待ちしています。

(コメント欄にメールアドレスを記入していただければ直接のお返事も致します。) 

 

●メールでのご連絡先→ ori@ohnojunko.com

 

コメント: 20
  • #20

    大野純子 (木曜日, 23 8月 2018 01:06)

    今年の夏はとりわけ暑い夏でした、というセリフを言うのは普通9月も半ば過ぎでしょうが、まだまだ8月、驚きです。 涼しげな南アルプスの様子を拝見しつつ、私は暑い低山をウロウロしています。 8月に八丁池を歩いたことがありませんでしたが、夏ならではの植物にたくさん巡り会い、いつどんな時も山歩きは楽し、を実感しています。 
    季節が良くなったら、また面白い地図読みコースご一緒させて下さい。
    今年は残暑も長そうです。ご自愛の程。

  • #19

    M (水曜日, 22 8月 2018 17:06)

    残暑お見舞い申し上げます。
    先日、秋の気配を感じホッとしたのもつかの間で、また暑さが戻ってきました。この暑さが去った9月後半から11月上旬は山行きの一番良い季節なのでどこへ行こうか思案中です。

    八丁池、富士山周辺と山通いしてますね。
    絶滅危惧種Ⅱ類の発見やクモキリソウの定点観測といっぱい楽しんでますね。

    まだまだ暑さ厳しいのでご自愛ください。

  • #18

    大野純子 (金曜日, 06 4月 2018 10:41)

    はい、少しずつ練習しています。 今年はサクラが早いので、慌てて伊東アルプスをSさんと歩いてきました。 見事な満開でした。昨年はピークを巻いて失敗した箇所がありましたので、今回は注意しながら、間違いなく歩き、2人で進歩したことを自画自賛し合いました。
    申し遅れましたが、100回おめでとうございます!すごい!!

  • #17

    M (金曜日, 06 4月 2018 08:42)

    おはようございます。
    単独地図読みで歩かれてますね。地形図とコンパスの見方ほぼ完璧だと思います。あとは経験の積み重ねだと思いますので頑張ってください。
    1022m地点が長沢頭です。以前は太いブナに山名板がありましたが現在はブナも山名板も見当たりません。

    ”滑沢峠の温泉: 温泉の表示板”
    今まで見たことがありません。新しく設置されたのでしょうかね?何を目的に設置されたのでしょうか不明ですね。

  • #16

    大野純子 (日曜日, 24 12月 2017 19:08)

    水生地歩道をしばらく歩いて3つほど沢を渡った尾根から入って八丁池への尾根に合流しました。本谷歩道を渡ってから急にイノシシの落とし物が目立つようになったので、これはいるぞ、と注意しつつ歩きました。 先日教わったイノシシの寝床もいくつか見かけました。 きれいに整えるのですね。 感心してしまいました。 狩猟者には会ったことはありませんが、イノシシより要注意かもしれませんね。

  • #15

    M (日曜日, 24 12月 2017 16:38)

    今年はイノシシとの遭遇が多いです。
    いつも狩猟時期になると獣はそれを察知し姿を見せなくなると感じていました。
    この時期、山でよく狩猟者と遭遇することがあるのですが今年はまだ遭遇していません。
    十郎左ェ門へは登れそうな尾根、沢はほぼ挑戦しています。
    今は先日登った東尾根がほとんどですが地図読みには良い勉強になった場所です。

  • #14

    大野純子 (金曜日, 23 6月 2017 14:46)

    こんにちは。 伊豆の低山は暑いです。 と言っても高山を知らないので歩く気になるのかもしれません。 南アルプスの高みは景色まで涼しそうですね。 自分の力と体力に合った練習コースをあるいてみています。 どれくらいの斜面だとどれほどの時間がかかるのかとか、地形図の等高線の間隔と実際の斜面の角度を体感できるようになるといいのですが。 それには歩いてみるしかないですね。 分からないながらも歩いてみて分かることもあります。 まず、楽しいのが何よりです。 秋、楽しみに練習しておきます。

  • #13

    M (金曜日, 23 6月 2017 08:54)

    大野さんおはようございます。
    ①の天城峠から二本杉までの尾根歩き完璧ですね。
    秋頃、十郎左ェ門から大鍋越え、婆娑羅山から大鍋越えのコース歩いてみましょう。

    ①歩きの先、三蓋山から北西尾根を辿ってツゲ峠、長沢の頭(1022m)、手引頭(1014m)へと続いています。

  • #12

    大野純子 (金曜日, 02 6月 2017 15:31)

    こんにちは。 初夏のようなお天気です。 南アルプスの山歩き、ほ~~~へ~~~と羨ましく拝見しています。今年はシャクナゲがどこも良かったようです。 天城山も手引頭も素晴らしかったようです。  山稜線は天城峠から仁科峠まで歩きましたが、手引頭の位置が分からずじまいでしたので、今度は地図読み練習がてらに行ってみようと思います。

  • #11

    M (金曜日, 02 6月 2017 08:47)

    おはようございます。
    5月22日(月)再び猿山のシャクナゲを見てきました。
    猿山のシャクナゲは満開で何度も感嘆の声をあげました。長九郎山のシャクナゲも拝見しましたがすごかったようですね。
    5月後半は久しぶりに東京へ行ってきました。で、ドクダミの葉の天ぷらを食べましたが微かにあの独特な匂いはしましたが意外と美味しかったです。

    自主練やってますね。青スズ台から南西へ延びる1175mピークを辿って天城峠、尾根筋を地形図で確認できるようになった証です。
    天城峠から先の二本杉峠への尾根も面白いですのでいつか歩いてみてください。

  • #10

    大野純子 (水曜日, 17 5月 2017 01:17)

    先日はお世話になりました。 ブログも拝見しました。 私もまた行ってみたくて、今回の下降地点の状況はどうだったのかと思っていました。 何回も引き返したことあり…ですか。 あの急斜面を引き返す体力必要ですね。 おすすめのあった練習尾根コースは行ってみようと思って、地図を広げてイメージトレーニング中です。

  • #9

    M (火曜日, 16 5月 2017 09:52)

    大野さん おはようございます。
    先日、geo協の仲間と再び猿山を訪れました。
    シャクナゲは大分咲き始めていました。天候は曇りでしたが時折霧がかかり幻想的な一面を見せてくれていました。
    914m高点から南東尾根を下ってみましたが下降点は傾斜がきつく沢で、前日の雨が降ったせいもありグスグスでした。
    初めて下る最終下降点の状況はいつもどきどきします。
    よく行く十郎左ェ門は下れなくて何回も引き返したことがよくありました。

  • #8

    M (月曜日, 09 1月 2017 21:45)

    了解しました。
    教えていただきたいことがありましたらブログにでも書き込んで下さい。
    本日は、71回目の大人の休日で”雪の天城山”を歩いてきました。

  • #7

    大野純子 (日曜日, 08 1月 2017 11:21)

    明けましておめでとうございます。 年末年始、ずっと穏やかな良い日和でした。 
    ご提案ありがとうございます。 ずっといつかお願いしたいと思っていました。 教えていただきたいことがたくさんありまして。  冬場は車の移動が不安な峠越えや天城方面は避けて、もっぱら近くの山と海岸歩きです。
    お言葉に甘え、4月になりましたらよろしくお願いします。
    お互い一人歩きも多いようですので、くれぐれも注意しながら楽しみたいと思います。

  • #6

    M (土曜日, 07 1月 2017 22:46)

    明けましておめでとうございます。
    山歩き始めは葛城山から発端丈山を一人で歩かれたんですね。
    このコースは富士山や駿河湾、沼津の海岸線が眼下に見えて気持ちの良いコースですね。
    ところで登尾山いつでもご案内しますので声かけて下さい。(3月いっぱいまでは祝、土日でしたらほぼ案内可です。4月以降は平日も可ですから)


  • #5

    大野純子 (木曜日, 24 11月 2016 11:19)

    今年はちょうどよい時に歩けました。 とりわけ往路は歩くよりも立ち止まる方が多くて、八丁池までいつもより倍の時間がかかりましたが、心ゆくまで落ち葉観察をしました。 シラヌタの池から地蔵堂歩道は一度歩いてみたい所です。

  • #4

    M (水曜日, 23 11月 2016 08:49)

    落葉がとてもきれいです。
    私も、先日片瀬海岸から万二郎岳、万三郎岳を巡り片瀬峠から地蔵堂歩道へ下ったのですが、その沢筋の紅葉は見事でした。
    さあ、今年もやってみよう!落葉当てクイズ とても良かったです。

  • #3

    M (日曜日, 31 7月 2016 12:12)

    早速ご返事ありがとうございました。
    Mこと、伊豆(南豆のやま)です。
    あの周辺はよく歩いてはいますが、白砂湧水の場所は特定していませんでした。
    少し涼しくなったら探索してみようと思います。
    ありがとうございました。

  • #2

    大野純子 (木曜日, 28 7月 2016 11:09)

    HPご覧いただきありがとうございます。 土地勘があると拝察。 下り八丁池歩道、下り御幸歩道、本谷歩道の分岐点はご存知でしょうか。 本谷歩道をしばらく歩くと、壊れかけた「白砂湧水」の案内板がありますので、まずそれを見つけて下さい。 すぐに涸れ沢の沢筋に出ます。 目印がないのですが、急斜面を沢に下りる踏み跡を探してください。 ご希望ならばログをとってありますので、地図をお送りします。 分かりにくく、急斜面ですので、行かれる時はくれぐれもご注意ください。

  • #1

    M (火曜日, 26 7月 2016 20:51)

    色々と伊豆の山々を歩かれているんですね。
    ”白砂湧水”とても美味しそう!
    白砂林道はたまに通ることがありますが湧水はどの辺りなんですかね?
    カメラアングルと言い写真もとてもきれいです。