日本列島は、4つの大きなプレートがちょうどせめぎ合う上にあります。災害列島たる所以でもあります。

 

4つのうち、唯一フィリピン海プレート上にあるのが伊豆半島です。 およそ2000万年前の太平洋上の小さな火山島が、フィリピン海プレートに乗って北上し、本州に衝突して出来上がった伊豆半島。

 

なんだかまるで「ひょっこりひょうたん島」のようで、想像を搔き立ててくれます。 そして今なお、北へと本州を押し上げつつあります。

 

そんな伊豆に暮すようになってから、ずいぶんと月日が経ちました。 成り立ちの面白さ、独特の地層や伊豆半島固有の植物たち。 

 

歩いて、歩いて、伊豆の自慢をしたいと思います。

 

お願い

植物は類似した種が多く、自然交配した雑種も多く見られますので、同定が困難な場合があります。種名の誤り、未同定の植物の名前がお分かりの方は是非ご連絡下さい。ご質問やご感想もお寄せ下さい。

「ご意見・アドバイスをお願いします」

●メールでのご連絡先→ ori@ohnojunko.com

歩き始めた詳しいいきさつは→こちらをどうぞ 


 写真の左上に マークのある写真をクリックすると拡大写真が見られます。


NEW!

7月19日(金)八丁池

 

昨日、梅雨明けしました。今年も暑くなりそうです。

 

予報に反して、登るにつれ靄って来て、だんだん涼しくなってきました。カキっと晴れ渡る日もいいけれど、こんな森もまたよし。

 

夏のこの時期の問題は、猛烈な虫の大群に会うこと。一刻たりともじっとしていられず、たまらず虫よけネットを被りました。ネットを被っていると、ご飯を食べるのもちょっと難儀。仕方なく歩きながら食べることとなりました。

 

これも夏の風物詩です。

 

下り御行歩道の大ブナ
下り御行歩道の大ブナ
八丁池
八丁池

 

 

どこもかしこも一面ヒメシャラの花が散り敷いて、花の少ない時期を楽しませてくれます。

ヒメシャラ落花
ヒメシャラ落花
サワオトギリ
サワオトギリ

葉にはたくさんの明点、花弁の縁には点々と黒点、サワオトギリのようです。

タマゴタケ
タマゴタケ

いろんなキノコも出始めていましたが、今日の食べられるキノコは一つだけでした。知らなければとても食べられるとは思えませんが、とても美味しいキノコです。

イワガラミ
イワガラミ
未同定
未同定

 

 

ずいぶんと衰えが目立ってきました。これも自然の営みの一つとはいえ、次世代のブナが育っていない天城、このままでは、いずれ美しいブナの森はなくなってしまうのは必至です。

精霊ブナ
精霊ブナ

 

7月8日(月)富士山麓・再び

 

駐車場に着いたら、ニコニコと近づいて来る人あり。「今日は、何を見に来たのですか?」

期せずして同じセリフを発し、思わず大笑いです。先日、大カエデの下で偶然に出会い、フガクスズムシソウを見上げながらお話しした方でした!

 

フガクスズムシソウ
フガクスズムシソウ

自生ランの花期は短く、生育地はごく限られていて、人が同じところに集まって来るのは、不思議ではありません。その方は5合目辺りまでシテンクモキリソウを見に行くとのこと。

 

私はもう一度、先日のフガクスズムシソウをよく見たかったことと、他にも探してみようと思っていました。

フガクスズムシソウ
フガクスズムシソウ

普段は林床の花やキノコを探して、地面ばかりを見て歩いていますが、今日は上向きです。

 

新たに一株、別のイタヤカエデに見つけました。どこにいるか分るでしょうか。写真の中央部、よくよく、よくよく見ないと判りません。恐らく、花がない時はさらに見つけにくいと思われます。

フガクスズムシソウ
フガクスズムシソウ

 

 

拡大してみました。少しボケますが、それでもスズムシの羽根によく似た紫がかった唇弁が分かります。

 

 

ツバメオモト
ツバメオモト
ツバメオモト
ツバメオモト

こちらはツバメオモトが着生しているようです。実を付けていますね。来年は花の時期に見に来ようと思います。

 

それにしても、着生している木は、こちらもイタヤカエデ。ブナの古木に着生することが多いと言いますが、見つけたのは全てカエデの樹上でした。

 

この辺りは天城ほど大きなブナがないからかもしれません。

 

キバナノショウキラン
キバナノショウキラン
キバナノショウキラン
キバナノショウキラン

帰路、キバナノショウキランを見つけました。まだ蕾です。昨年見かけたのはちょうど10日過ぎ、この近くでした。

 

数日で咲きそうなので、また見に来たくなりました。

 

キバナノショウキラン
キバナノショウキラン

 

 

林床の花たち。

アカショウマ?
アカショウマ?
ハコネラン
ハコネラン
シモツケ
シモツケ
ネバリノギラン
ネバリノギラン

タマゴタケ
タマゴタケ

今日も猛烈な暑さで、林床は乾いていましたが、今年初のタマゴタケを見つけました。

バイカウツギ
バイカウツギ