日々のこと 大野純子
染織作家 大野純子

 

 

 

染織作家

大野 純子

愛知県名古屋市生まれで熱海在住14年。
● しごと 

草木染めと織。

 

好きなこと

植物観察と地層観察をしながらの伊豆の野歩き。

料理。特に保存食と保育食(と勝手に言っている)。

 

季節と共に過ぎる日々のことを綴ります。       2019年までのことは→こちら


NEW!

4月2日(木) 初物

  

まだ少し時期が早かったようですが何とか3本掘り上げました。

 

3人で行って3本。

喧嘩せずに済みました。

 

 

 

 

ミチっと節の詰まった出端のタケノコは、思わず旨い!と叫ぶ美味しさでした。


 

3月28日(土) 春は来る

 

今日は暑いくらいのお天気なのに、明日は関東地方では雪が降るかもとの予報。

 

木の芽時に雪が降ると一気にダメになってしまうので、大急ぎでサンショウの新芽を摘みました。 

 

 

 

まだ少し赤味の残る一番の新芽は醤油とお酒で炊いて佃煮にします。

汁気がなくなるまで炊いて一晩置き、翌日にもう一度醤油とお酒で2度炊きすると出来上がり。

 

ザル一杯の新芽は小さな小瓶ひとつにしかなりませんが、一つまみでご飯一膳いけます。

1年は冷蔵庫で持ちますし、山歩きの時のおにぎりの具になります。

 

 

 

 

佳い香りだねえ。 

ななちゃんも見に来る。

 

 

 

首都圏では週末の外出自粛要請が出ていて、いったいどうなるのだろうと誰もが不安な気持ちでいっぱいです。 こんな時も季節は違えずやって来ます。 こんな時だからこそ、なるべく変わりなく淡々と丁寧に日々を過ごすしかないと常にもまして思います。

 

 

 

わが家のヤマザクラが咲きました。 

 

ここに引っ越してきた時には親指ほどの太さの実生苗だったのが、今では屋根の高さを越してしまいました。

 


 

2月3日(月) 節分

 

明日はもう立春。

日の出も随分早くなり、陽の光も明るさが増してきました。

 

 

熱海桜は三、四分咲きくらいでしょうか。

 

 

 

 

久々に編んだカーディガンをほどいて編み直ししました。 

 

春先くらいまでは羽織レそうです。

 

 

 

 

ななちゃんはお気に入りの台所の窓辺で外界観察中です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな節分です。

 


NEW!

1月13日(月) 初仕事

 

レモンとダイダイを収穫してきました。

さてさて、これからが大変。

 

まずはダイダイを搾って、同量の醤油を合わせます。 酸っぱさ加減と好みで少し味醂を加えることもあります。 

 

厚く削った鰹節と昆布を入れた瓶に注いでおしまい。 

すぐに食べることもできますが、1週間ほどで良い味になってきます。

 

 

冷蔵庫蔵庫で半年以上はもつと思いますが、その前に食べきってしまいます。 季節季節にある柑橘で作りますが、やはり何といってもダイダイが一番美味しいですね。 

 

 

 

 

 

ポン酢は万能調味料、湯豆腐、鍋物はもちろんドレッシングにも使いますし、焼きそばもポン酢で炒めるとチョイとベトナム風で好きです。 

アイスクリームにポン酢もいけます。

 

 

レモンシロップは同量の氷砂糖で漬け込みます。 

同量大好き、簡単で忘れません。

 

氷砂糖が溶けるまでビンを転がすのが日課となります。 

ホッとレモン、炭酸割り、毎日飽きません。

 

 

 

 

レモンマーマレードも作ります。 

 

無農薬のレモンは安心して食べられるので、種以外はすべて一緒に煮てしまいます。 

酸っぱくて、苦くて、甘くて市販の甘いだけのマーマレードとは一味、二味違います。

 


 

2020年元旦

 

朝起きて何をおいてもまずはななちゃんに朝ごはんを用意し、食べるのを待ちながら自分の朝ごはんを作るのが365日変わらぬ習慣です。 

それから朝のウオーキングに出かけるのが6時ごろ。 

 

まだ暗いものの、冬至を過ぎお正月を迎えると、少しずつ日の出も早くなってきます。

 

 

 

 

雲が多くてお日様の姿は見えませんでしたが、雲間から射す光の矢、美しい新年の夜明けでした。