同居人のために 泊まりがけのお出かけが出来ない・・・そう言うと、

「猫がいると大変よね・・」と言われます。

でも、同居人は猫の なな だけではないのです。

例えば ぬか床に住む 乳酸菌たち。

任せておくと美味しい一品を作ってくれる頼もしい同居人。

こちらとしてもお世話をかかせません。

その他にも、うちにはわたしの保存食、保育食に協力してくれる同居人たちが大勢住んでいます。

彼らの活躍で出来上がる美味しい食材と共に、みんなを紹介します。

 



NEW!

7月7日(水) なな11歳

 

3日に伊豆山で大規模な土石流が発生し、いまだ多くの人が行方不明になっています。胸のつぶれるような思いとはこのこと。 

 

私には馴染みの深い地域なのでなおさらです。 

 

 

 

 

岩戸山に登る時の起終点、伊豆山神社から本宮を抜けて岩戸山へ。 逆に姫の沢から岩戸山を経て伊豆山に下る。何度も何度も歩いたところです。

山から下り汗を流した走り湯の温泉もどうなったことでしょうか。

 

今日は小康状態ですが、また雨が降ようです。

これ以上悪化しないようにただただ祈るしかありません。

 

 

 

 

ななちゃんは11歳の誕生日を迎えました。 

人間の齢でいえばちょうど還暦といったところです。

 

人間の4倍の速さで齢をとるらしいのですが、あと10年くらいはそばにいてほしいと思います。

 

 

あっという間に行ってしまいそうな短い生を全うするまで、今回のような災害に遭わせず一緒に暮せることを願う七夕です。

 

カエルとななちゃんとガラスに映った私の3ショット。 

 

 

 

雨の季節、カエルがいても不思議はありませんが、この窓は何と3階。

 

ヤモリならともかく、よくぞ登ってきたものです。